ソフトが読み込まない! PS4proのピックアップレーザーレンズ交換方法

スポンサーリンク

ご閲覧ありがとうございます。
今回はソフトを読み込めない PS4pro のピックアップレーザーレンズの方法を紹介します。
型番はCUH-7200になりますが7000系であれば大体同じです。

ピックアップレーザーレンズを交換するには、ほぼ全バラです

基板を取り外す必要があるので、「壊してしまいそうだな・・」と思った方は
是非、修理のご依頼をお願いします(。-∀-)

 

ピックアップレーザーレンズの交換を行う前に準備しておいた方が良い物

レンズの交換を行うためには、ほぼすべての部品を外す必要があります。
そのため、
・熱伝導グリス(CPUグリス)
※基板を取り外すので交換しておいた方が良い。

・エアーダスター等の清掃道具
※内部清掃のため
この二つを準備してから交換作業を始めてください!

※修理・分解は自己責任で!
分解途中でも修理のご依頼を承っております!
お気軽にお問い合わせください。

スポンサーリンク

PS4pro ピックアップレーザーレンズ交換方法


電源コードやHDMIを挿す部分から分解します。

 


剥がすと修理しないよ!と記載されたシールを剥がします。

 


トルクスネジを外します。


次にハードディスクカバー。矢印部分に爪を入れて外します。

 


次に赤枠部分のシールを剥がします。
↓剥がした後

下側の外装を取り外す

まず、ハードディスク側から外します。
外装はネジ一本。後はツメで噛み合わせているだけです。

右側が外れたら、↓のかみ合わせを外します。

右側から順に破損しないようにゆっくりと外します。



上側の外装を外す

上側は非常に簡単です。PS4とsonyのマーク部分を上に力を入れるだけで外れます。

電源ユニット(ボックス)の取り外し


次に電源ユニットを取り外します。

 


赤〇部分のネジ四本を取り外します。

 


ネジを取り外した後は、銀色のプレートを取ります。

 


本体を裏返して↓のネジ二本を取ります。

 


また裏返しにして、電源ユニットを外します。

 


電源ケーブルを接続する部分を上に上げて、ゆっくりと電源ユニットを外します。


電源ユニットの下側にケーブルがあるので外します。
固くて取れない!という事が結構あります。
無理矢理に外そうとするとコネクターから外れてしまい基板回路が破損する可能性があるので
↓の写真のように電源ユニットに刺さっている方のケーブルを抜きましょう。

基板回路が破損した場合は修復困難ですが、
電源ユニット側が破損した場合はユニットを交換すれば良いので、電源ユニット側のケーブルを抜く方がリスクが少ないと思います。

次に基板を外します。


赤〇部分のネジを全て取り外します。
トルクスネジと+ネジの二種類です。

 


赤枠部分のケーブルを引き抜きます。

 


赤枠部分のフレキシブルケーブルは黒いラッチを起こして外します。

 


ハードディスクを引き抜いて、取り外します

 


ケーブル3点を取り外します。
これは手で外れます。

ネジ・ケーブルが全て外れているか確認する

すべてのケーブルとネジを取り外せていることを確認し、基板を保護しているカバーを取り外します。

基板を取り外します。


赤〇部分のネジを取ります。

↓の順に「押さえ部品」を取り外します。


 

基板を持ち上げてゆっくりと分離


赤枠部分に手を入れて基板を持ち上げます。


その他の部分に接触しないようにゆっくりと慎重に基板を取り外します。

電源ユニットのケーブルをユニットから外した方は


この部分にも気を付けて基板を取り外してください。
基板取り付けの際も忘れずにケーブルを穴に通してください

 


基板の取り外しが完了しました。

基板下のプレートを取り外す




基板の下側にあるプレートを外します。
赤〇部分のネジを取ると外れます。

お待たせしました。これでレンズの交換ができます。


慣れるとここまでで10分程度(計っていないので正確には不明)ですが、外す部品が多く
その都度に部品を清掃するので、PS4pro のレンズ交換は手間がかかります。
これでやっとピックアップレーザーレンズの交換が可能になります。

ピックアップレーザーレンズの交換方法


赤〇部分のネジを外します。

 


赤枠部分のシールを剥がします。
綺麗に剥がれない時はドライヤー等で温めると剥がしやすくなります。

 


こちらのシールも剥がします。

 


ケーブルが邪魔にならないように避けます。

 


開封します。

 


ピックアップレーザーレンズにささっているフレキシブルケーブルを抜き取ります。
これは黒いラッチを起こして抜いてください。

 

ピックアップレーザーレンズユニットの取り外し


ケーブルを抜いた後は赤枠部分のゴムで固定されているだけなので
手で持ち上げると取り外し可能です。

新品のピックアップレーザーレンズユニットと交換する



画像左が純正ピックアップレーザーレンズユニット
右が社外製ピックアップレーザーレンズユニットです。
Amazon等の通販サイトで販売されているのは大体このレンズです。
純正と比べると高さや厚さが違いますが、正常に読み込み可能です。
気になる方はレンズのみを入れ替えてください。

ゴムの入れ替えを忘れないでくださいね!
あとは逆の手順で組み立てて、修理完了です。

ちなみにですが・・・・・・
通販サイトで販売されているピックアップレーザーレンズは動作点検を行っていない物が多く
初期不良がすごーくあります。

交換したのに読み込みできないままじゃん!もしかして違う所が壊れている・・・?
と違う部分の故障を疑ってしまい
点検地獄に陥ることがあるので、交換したのに症状が改善しない!というときは
ピックアップレーザーレンズの初期不良を疑ってください。

ついでの作業 その1 ファンの清掃


赤枠部分のネジを取ると、ファンが取り外し可能です。
取り外して濡れティッシュで拭くと綺麗になります。

ついでの作業 その2 熱伝導グリスの塗り替え


乾いている事が多いので、ここまで分解したら交換しておいた方が良いでしょう。

ついでの作業 その3 ボタン電池の交換


交換の必要はあるか。・・と言われればそうではないのですが
気になる方は交換してください。
結構持ちます。2007年頃に発売されたPS3でも電池が切れていない個体が多いです。

以上!
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました