難しいと思ったら修理をご依頼ください
自分で修理を行い、さらに故障させてしまうケースが多々ございます。
難しい・壊してしまいそう・・。
と少しでも感じたら当店へ修理見積り/ご依頼ください。
★ 修理見積りフォーム ★

 

液晶の黄ばみを修理しました。NEW任天堂3DSLL

スポンサーリンク

上下液晶に黄ばみがあるとのことで、交換をご依頼いただきました。

自分でできそうだな。と思った方は参考にしてください。


まず上側の四隅にあるゴムを取り外し、ネジを取ります。

スポンサーリンク

上液晶交換

上側カバーをスライドして取り外し、裏側を向けてネジを外し
分解を進めます。

基板を取り外します。

ヒンジロックを解除?取り外し? してから上下を分離します。

スピーカーケーブルのネジを二点取り外し、画像のように液晶のケーブルを抜きます。

液晶ケーブルを抜きます。
液晶を交換するので、切っても問題ありません。
ケーブルをピンセットで丸めて、穴に通して抜き取ります。

液晶は両面テープで貼り付けられているので、端からゆっくりと外装から分離します。
急ぐと外装がパキッとなるので慎重に。

新品の液晶に交換します。
3DSLLの液晶は液晶とパネル(液晶プロテクタ)の二層で構成されています。

新品で液晶を取り寄せると、多くの場合は液晶単体しか届きません。
そのため、後ほど液晶プロテクタを移植します。

液晶単体は指紋が付いてしまうと、取るのに苦労するため
触れないように作業します。
基本的に保護シートが付いているのでそれを剥がさずに、本体に組み付けます。

液晶を組み付けて、元に戻します。

次にパネルを移植します。
カッターを液晶とパネルの間に入れて、パネルに傷が付かないように慎重に剥がします。

組み付けます。
画像では両面テープが付いていますが、
新品の場合はテープは付いていない事が多いので、パネル裏面に両面テープを貼ってください。

この際に透明の部分に指紋がつかないようにしましょう。
拭けば綺麗になりますが、拭き傷が付いてしまう事があるので
私は絶対に触りません。

下側と合体させます。
ケーブルは切れやすいので、ゆっくりと折れないように入れます。
簡単に書いていますが、初めて作業する場合は失敗する方が多いかと思います・・。
私も何度も失敗しました。
こればかりは慣れなので頑張ってください。

ヒンジロックを入れます。
画像のようにマイナスドライバーで、てこの原理で入れます。

しっかりと奥まで入れないと、上側のカバーがしっかりと入らなかったり、浮いたりするので
画像のように入っているか確認してください。

下液晶交換

上側と合体したら、次に下液晶を交換します。
黒いパーツを取り外します。

ホームボタン基板を外し、タッチパネル側から指で押して液晶を外します。

下画面も両面テープで貼り付けられています。
力任せに剥がすと、タッチパネルが歪んでしまい動作不良が発生します。
こうなってしまうとタッチパネルも交換しないとダメになってしまうので、より慎重に剥がしてください。

下液晶側も、上液晶同様に二層になっています。
タッチパネルと液晶です。

分離して、新品の液晶に交換します。

各部品を組み込んで、動作確認を行います。
各機能が正常に作動するか確認し、終了です。

ホームボタンが効かない。Cスティックが効かない。L/Rボタンが効かない。
↑よくあります。

いかがだったでしょうか。
このフレーズをずっとこのブログで書きたかったのですが、夢が叶いました。

当サイトも中身が無い事が多いですが、最後までお読みいただきありがとうございました。

全ての修理内容を書いてしまうと、修理依頼が無くなってしまうので
少し飛ばしたりしながら書いています。お察しください・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました