PSP3000・2000 液晶保護パネルの交換方法

スポンサーリンク

PSPの場合
液晶保護パネルを交換するためには外装を交換する必要がありますが
純正の外装は販売されておらず、手に入るのは中国産の出来の悪い外装のみとなります。

中には完璧に作られた商品もありますが、ほとんどの商品が
・色合いが違う
・上側と下側の外装噛み合わせが悪い(隙間ができる)
・ボタンの押し感が悪くなる
などの不具合を持ったものが多いのであまりおすすめできません。

なので今回は純正パーツを使用して再生する方法を紹介します。

純正パーツは保護シートが貼られた、多分傷が入っていないだろう。と思われる
PSP本体を購入し、その本体から入手します。
または、中国製の品質の悪い外装を購入し
パネルだけを使用するという方法もありますが、べっとりと接着剤で固定されている製品が多いので
上手く外装とパネルを分離できない事があります。

正直言うと、パネルを交換したいだけで
中古本体を購入する必要があるのでコストパフォーマンスは非常に悪いです・・。

なぜ液晶保護パネルのみ販売されていないのか

PSPは下の写真のように

上側の外装に固定されているため、パネルのみの販売は行わていません。
そのため、パネルを交換したいのであれば外装ごと交換する必要があります。

「液晶に傷が入ったので交換してほしい」とお客様からご依頼がありますが
PSPは液晶と液晶保護パネルの二層となっているので傷が入るのは液晶保護パネルとなります。
写真上側が液晶保護パネルで下側が液晶になります。

 

スポンサーリンク

PSP 液晶保護パネルの交換方法

ゲーム機販売業者様から、液晶保護パネルに薄い線傷があるので交換してほしいとのことでご依頼いただきました。
光に当てないと見え辛いですが、うっすらと傷があります。

 

裏側に向けて封印シール(保証ステッカー)を剥がします。

次にネジを外していきます。


外装を分離します。本体右側にツメがあるのでそちらから外します。

分離します。

液晶保護パネルの取り外し

上側の外装を裏向きにして

外装とパネルの間にマイナスドライバーを差し込みます。
点、点と接着剤を打っているだけなので、接着剤と接着剤の隙間に差し込むと外しやすいと思います。

外すキッカケを作ったら、後は指で表側から力を加えて外していきます。
この時に裏側には触れないようにするのがコツです。
というのも、裏面を触ってしまい指紋が付くと
それを拭いた際に拭き傷が残ってしまう可能性があるからです。交換する側のパネルであれば問題ないですが
交換用の綺麗なパネルの時は触れないように慎重に外してください。

分離完了しました。

交換用のPSPを用意する

今回は最初に記載したようにPSP本体を購入してそのPSPからパネルを入手しました。

液晶保護パネルを取り付ける

部品取りPSPから取り外した液晶保護パネルを、液晶の上に乗せて位置を合わせます。
この時に液晶とパネルの間にホコリ等が入っていないか確認します。
高確率でゴミやホコリが混入するので、エアーや綿棒などで清掃してホコリ一つ無い状態にしてから上側の外装を乗せます。

接着剤は使用せずにそのまま乗せてしまっても大丈夫ですが
薄めの両面テープで固定する方が良いかもしれません。
とはいえ、接着しなくても動くことはありませんし、特に問題は無いかと思います。
一番ダメなのが、瞬間接着剤を使用して固定することです。
これをやってしまうと、接着時に発生するガスにより白濁りがパネルや液晶についてしまいます。

ネジを取り付け完成です。

最終チェックを行い、問題なければ完成


すごくうるさい業者さんなので、ホコリ等が一切無い状態で完成となります。※その分、料金も多めにいただいていますが・・。
簡単なように思えますが、外装裏の小さなゴミ等が入ることも結構あるので
非常に神経を使う作業です。笑

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました