ディスクが回らない!? PS2のソフト読み込み不良の修理方法

スポンサーリンク

今回はPS2のディスクを読み取れない故障の修理方法を紹介いたします。

今さらPS2!?と思われるかもしれませんが、今でも現役で使用されている方が多く
修理の依頼をよくいただきます。

子供の頃はこの起動音が怖かったのですが、今では懐かしい音ですね笑

ではさっそく修理方法を紹介いたします。

PS2 SCPH-70000のディスク読み取り不良の修理方法

薄型のPS2は70000系・90000系とありますが、分解方法に違いはありますが読み込み不良の修理は大体同じです。
今回は70000の修理を行います。
まずは本体を裏返して、封印シールと赤〇部分のネジを取ります。



開封したらまずは故障している部分の確認


上側の外装を外して
何が原因で読み込みできないのか確認します。

外装を外したままの状態で電源を入れ、ディスクを設置して確認を行います。

スイッチ二か所を手で押す


赤〇部分にスイッチがあるので指で同時に押します。
起動した状態で行います(電源スイッチのランプは緑)

スイッチを押した時にピックアップレーザーレンズが動き、ディスクが回転する場合

ディスクは回転するが、読み込みできない場合はピックアップレーザーレンズが故障している可能性大です。
特定のディスク(裏面ブルーのPS2ソフトのみ読み込めないなど)が読み取れない場合は、この確認はせずにピックアップレーザーレンズ交換またはピックアップレーザーレンズの出力調整で改善するかと思います。

スイッチを押してもディスクが回転しない場合

スイッチ故障・基板故障の可能性大です。
しかし、PS2の場合はPS3と違い
基板故障を起こしにくいのでスイッチ不良の場合がほとんどです。
修理方法とその他の原因は下記に記載します。

外装を外して、故障部分の点検を行ったら読み込めるようになった場合

上側外装に原因がある可能性大です。
ピックアップレーザーレンズのレンズ部に指が当たってしまい、レンズの汚れが取れて読み込みできるようになった可能性もありますが・・笑

上側外装の蓋部分にある、スイッチを押す所が劣化または破損しており
スイッチを押せていない可能性があるので、そちらの修理を行います。

ディスクを読み取れない原因はピックアップレーザーレンズだった

今回、ご依頼いただいたPS2はピックアップレーザーレンズの故障が原因で
読み込み不良を起こしていたので交換を行います。
レンズ裏にある出力調整ボリュームで調整を行うことで改善することが多いですが
すぐにダメになることがあるので、今回は交換を行いました。

ピックアップレーザーレンズを交換する




赤〇部分のネジとレール止めを外し、交換します。
簡単です。
交換しても読み込み不良が発生する場合は以下の内容が原因となっている可能性が高いので再度確認してください。

・フレキシブルケーブルがしっかり入っていない
・フレキシブルケーブルに問題がある
・ユニットに問題がある
・ピックアップレーザーレンズの初期不良
・メイン基板に不具合がある
・ピックアップレーザーレンズのショートランドのはんだの取り忘れ(結構多いです)

ガガガガと空回りし、読み込みできない場合


起動後、この部分(赤枠)が空回りする場合はピックアップレーザーレンズのフレキシブルケーブルが故障しているので※基板・ユニットの場合もあります。
ケーブルの交換も行ってください。
無理に折り曲げたりすることにより発生します。

スイッチが原因であった場合は接点復活剤を塗布します

綿棒に接点復活剤を塗布し

スイッチに塗り込み、数十回ほど押します。

塗布する場所は↓の部分です。

改善しなかった場合は、スイッチ交換を行います。

上側外装のスイッチを押す部分が原因だった場合


赤〇部分のスイッチを押す部分が劣化または破損している場合は
この部分にパテを盛って形成し直し、スイッチを押せるようにします。

ディスクを入れる蓋部分が経年劣化により浮ている場合もあるので
状況に応じて作業を行ってください。

ピックアップレーザーレンズの出力調整を行う場合

赤〇部分の出力調整ボリュームを回転させて調整します。
・・・が、当たりを探すのに手間がかかり、付けたり外したりと結構面倒なので交換してしまった方が良いです。
2021年、日本国内で2000円以下で購入できます。

以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました