難しいと思ったら修理をご依頼ください

自分で修理を行い、さらに故障させてしまうケースが多々ございます。
難しい・壊してしまいそう・・。
と少しでも感じたら当店へ修理見積り/ご依頼ください。
★ 修理見積りフォーム ★

 

【CECH-2000A】分解手順とYLOD修理

スポンサーリンク

起動してから数秒後に赤色のランプが点滅し電源が落ちてしまう症状を修理いたしました。

YLODと呼ばれている症状です。
緑点灯→赤点滅
緑点灯→黄色が一瞬→赤点滅
ゲームをプレイしている最中に電源が落ちる

など、色々な症状がありますが
まとめてYLODと呼んでいます。
※当店では赤点滅故障と呼んでます。

 

スポンサーリンク

PS3 2000A 分解手順

まずは裏側を向けてゴム足とネジ隠しを取ります。
PS3 2000AのYLOD修理CECH-2000 裏側

 

「このシールを剝がすと修理しません!」と記載されたシールを剥がし
赤○部分のゴムとネジ隠しパーツを取ります。
PS3 封印シール2000A

 

各ネジとハードディスクを外します。
PS3 ネジの位置 2000Aネジの位置

2000A ハードディスク

 

開封します。

電源コードを挿入する部分から開きます。
PS3 2000A分解PS3 2000 分解手順

 

電源ユニットを取り外します。

左右のケーブルを抜き取り、その下にあるネジを取ります。
PS3 2000A 電源ユニットPS3 2000A 電源ユニット

PS3 2000A 電源ユニットPS3 2000A 電源ユニット

 

矢印部分に指を入れて、電源ユニットを上に持ち上げます。
PS32000A 電源ユニットの取り外し方法

 

ブルーレイディスクドライブの取り外し

ネジ1本と各ケーブルを取り外します。
2000A ブルーレイディスクドライブ2000A ブルーレイディスクドライブ交換

ブルーレイディスクドライブの取り外し

 

ケーブル二点を外します。
2000A 無線ケーブル

 

ドライブを持ち上げて取り外します。
ケーブルを止めているテープが邪魔をするので剥がしましょう。
2000A BDドライブの取り外し2000A BDドライブの取り外し

 

電源/ディスクイジェクトボタンの取り外し

フレキシブルケーブルを引き抜くだけです。
CECH2000 ディスクイジェクトボタン

余談ですが、「ディスクイジェクト」の事を数年前まで「ディスクインジェクト」と呼んでいました・・笑。
お客様に指摘されて間違いに気が付きました。

 

もう一つ余談。
「ネジを外す」
「取り外す」
と「外す」という言葉が多いので、これで良いのかな。と思いながら書いています。

「ネジを緩める」だったら、取らないの?となるかもしれませんし、
色々と悩みます(..)
「外す」ばかりだと気持ちが悪いので、「抜き取る」や「分離」などの言葉で適当に分けていますが・・。

日本語って難しいですね(´・ω・)

 

冷却ファンケーブルを抜く

2000A 冷却ファン 2000A 冷却ファン

 

メイン基板と外装を固定するネジを取り外す

2000A 基板の取り出し

 

分離します。

赤枠部分を手で持ち上げ、下側外装と分離します。
2000A 分離方法
2000A 分離方法2
2000A 分解手順

 

各ネジを取り外す

ネジを外すネジを外す

 

基板を保護している鉄板(?)を取る

基板との対面 基板の取り出し

 

メイン基板を取り出す

古くなったCPUグリスは固着しており、分離する際に力が必要になる場合があります。

力いっぱいに引き剥がしてしまうと、破損の原因となるので丁寧にゆっくりと分離してください。

CPUグリス PS3 CECH2000 分解手順

 

これでメイン基板の取り出しが完了です。
CPUグリス交換と清掃が目的の場合は、アルコールシート等で古いグリスを丁寧に拭き取り
新しいグリスと交換してください。

塗り過ぎは逆効果です!薄く均一に塗りましょう。

 

YLOD修理を行う場合

赤枠部分をヒートガンで熱してください。

CECH2000 YLOD修理方法

 

赤点滅故障(YLOD)について

上にヒートガンで熱してくださいと簡単に書きましたが、
これは赤点滅故障の原因がハンダクラックであった時にのみ有効な修理方法です。

原因がハンダクラックではないのに、ヒートガン等で熱しても何の意味もありません。
※電子部品の故障やシステムエラーでもYLOD症状が出ることがあります。

 

【YLOD=ハンダクラック】と思われている方が多いのですが
YLODは起動できない症状の事を指す言葉で故障原因ではありません。

そのため、修理を行う際にはYLOD症状の原因を調べてから作業を行ってください。

以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました