実は修理したくない! 2DSLLの上液晶割れ・電源が入らない故障の修理方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

修理したくないゲーム機1位の2DSLL

理由
・部品が高くてお客様に申し訳ない
・上外装のシートの再利用が難しい
・上液晶の枠がすぐに割れる
・メイン基板についている部品が外れやすい
などなど

自分のゲーム機でしたらまぁ良いのですが
お客様から預かっている大切なゲーム機となると作業し辛いです。
やってみればすぐ分かります。
非常に割れやすいので・・・w

初めてのゲーム機を修理する際は、まず練習用にジャンク本体を購入し
分解、修理の練習をするのですが
いつもなら2台~3台で「よし!覚えた!!」となりますが
2DSLLだけは10台以上壊しました。

今はさすがに慣れましたが、分解する時はいつも以上に丁寧になりますね。

そんな2DSLLの

分解方法・上液晶交換・電源が入らない故障の修理方法

をご紹介します。

初めて分解する際は部品取り用にジャンク本体を一台用意した方が良いかもしれません
この分解記事は2つに分けます。

分解は自己責任でお願い致します。

画像はクリック・タップで拡大表示されます。

電源が入らない・落ちてしまう故障の原因

3DSLLでは電源が入らない・数秒後に落ちる故障はスピーカーケーブル断線によるものが多かったですが

2DSLLの場合は上液晶の故障により電源が入らない症状が出ている可能性があります。
メイン基板故障が原因の時もあります。

故障個所が上液晶だった場合は下記の分解方法に従って作業を進めてください。

まずは一番の難関ポイントから分解する

上液晶が割れた2DSLL。
今回はこちらを修理していきます。

ヒートガン・ドライヤーでカバーを暖める

暖める・温める?
どちらが正解か分かりません・・・。


本体を閉じて、上の黒いカバーを取ります。
ポケモンバージョンの方も同様です。

強力な粘着テープでカバーが貼り付いている為、暖めて粘着力を弱めます。
面倒だなーと、そのまま剥がすと
カバーが丸まって再生不能になったり、途中で千切れたりします。
とはいえ、無くても問題がないパーツなので必要ない方はそのまま千切ってください(;^ω^)

上記のような感じで剥がします。

黒い粘着テープが作業中に邪魔します
・ゴミが付着する
・地面にくっつく
などなど
ですので、マスキングテープで保護しておきましょう。

ネジ4本を外す

外装を外す

液晶を写真のようにズラす

赤〇の磁石は取りましょう


付けたままマスキングテープで落ちないように固定しても良い
外しておくと取り付け忘れたり、無くしたりするので。

ちなみにこの磁石は本体を閉じた時にスリープする為のスイッチになります。

スクリーンを外す

表面のスクリーンを外します。
こちらも粘着テープで固定されているので暖めてから

赤印の隙間に細いマイナスドライバーかプラスチック製の剥がし工具を入れて
浮かせてからゆっくりと剥がします。
この時、裏からも押してあげたり、ヾ(・ω・*)なでなでしてあげたり

とにかく、優しく・優しく。丁寧に剥がします。


優しさが足りないと赤枠部分の外装が割れます。高確率で。
すぐに割れるので要注意です。

分離する

液晶が割れていて捨てる予定の方は液晶ケーブルを切ってしまいましょう。
作業が楽になります。


上液晶の残りカスを剥がす

透明部分に傷がつかないように慎重に剥がします。

この時に割れたガラス繊維が飛びますので
汚れても良い場所で行いましょう。

完成です。

次は残った部分の分解方法をご紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました