徹底的に清掃してリフレッシュ! 初期型PS3の本格内部清掃

スポンサーリンク

長い間使用したPS3の中身はホコリだらけ!!
タバコを吸う方は特に汚れていて、内部はヤニ汚れでネチャネチャしています。

そんなPS3をリフレッシュ!
当店では本格的な内部清掃とメンテナンスを行っております。
熱伝導グリス塗り替えも行うので、ファンの音も多少は静かになるかも・・・!?

・・というわけで、CECHA00の本格内部清掃をご紹介します。

スポンサーリンク

PS3の本格内部清掃

 

今回、ご依頼いただいたのは
数年前に発売されたにも関わらず未だに人気のあるCECHA00です。
外装傷も少なく、綺麗な本体でしたが内部は汚れが溜まっておりました。
・・とはいえ、比較的綺麗な方です。
タバコを吸われるお客様や、ペットを飼われているお客様、本体の設置場所がホコリを吸いやすい場所だった場合は
ホコリまみれです。

内部清掃・熱伝導グリス塗り替えを行うことにより、ファンの音が静かになったり
故障のリスクを減らせるので、長い間清掃を行っていない方は是非お問合せください!

清掃前



まずは基板を取り出し、
全てのパーツをバラバラにします。

基板に不具合がないか点検を行い
熱伝導グリスを塗り替えます。

各パーツをアルコール清掃・水洗い


水で洗っても問題ないパーツは洗剤を使用し水洗いを行い
洗濯物を干すように乾燥させます。
ファンは水洗いできないので、取り外してからハケとエアーで清掃し
その後、回転を良くするためにグリス塗付を行います。


各パーツ乾燥後、エアーで細かなホコリを飛ばしながら組み立てます。

ドライブ内の点検と各パーツグリスアップ


ピックアップレーザーレンズの汚れをアルコールで清掃し、レールや各パーツを清掃・グリス塗付を行います。
部品が劣化している場合はあまり動きは良くなりませんが、ある程度はスムーズに動くようになります。

ピックアップレーザーレンズのレンズ部も清掃するので
読み込み速度が少し早くなります。

電源ユニット内の点検と各部品の点検を行います。


写真を撮り忘れましたが、電源ユニットのカバーを外し
内部の点検と清掃を行います。

その後は電源を入れて
各ディスクの読み込み確認等の点検を行い、問題がなければ作業完了です。

最後はコンパウンドワックスを使用し、外装清掃!


元々綺麗な本体だったので、あまり変化はありませんが
コンパウンドワックスで本体外部の小傷を取って磨きます。
小傷が多い場合は、電動ポリッシャーで磨きます。

深い傷は消えませんが、タオルで擦ったような小傷は消えるので
リフレッシュに・・・なるかと思います。
保護シートを貼っている本体の場合は行いません。

以上で本格内部清掃は終了です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました